« 2005年12月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年1月 4日 (水)

真空管アンプ

Img_0445r

ちまたではMP3プレイヤなどのデジタルオーディオ機器が主流となっているようだ。中学の技術の時間にトランジスタについて学んだトランジスタ世代の私からすると技術の進歩の速さに驚かされる。そんなこのご時世に私が購入したのは真空管アンプである。
はじめての真空管である。
しかもキットで自作である。
それまで使っていたのは、SONYのPIXYだった。私が就職した当時は、”ミニミニコンポ”なるものが流行っており、狭い借家住まいの私もそのコンパクトさに惹かれ購入した。CDをカセットテープに録音するのはお手の物、お休みタイマやおはようタイマがついており、とても便利な道具であった。 しかし時が経つにつれ、カセットがいかれCDがいかれ、しまいにはアンプとしてしか使用していなかった。ちょうどものを捨てるのにもお金がかかるような時代になってきており、長く使い続けていけるものがほしいと思っていたときであった。そんなとき、かねてよりあこがれだった真空管アンプが手頃な値段でキット販売されていることを知ったのであった。 はんだ小手を握るのは十数年ぶりであり、真空管ものも初めてであったが、初心者でもつくれるようにと工夫されたエレキットシリーズの真空管アンプだったので、問題なく作ることができた。 最初に、真空管にほのかな灯りがともったときはほんとうにうれしかった。しかし同時に真空管ものがすたれていった(万人向けには)理由も感じることができた。

今年の冬はやたらと寒いが、この真空管アンプの熱と灯りとメロウなサウンドが寒さを和らげてくれそうだ。
iPodで楽しむ組み立て真空管アンプ Book iPodで楽しむ組み立て真空管アンプ

著者:米田 聡
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年5月 »