« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

Mac再生プロジェクトvol.1

Img_1458s
1.必要なハードウェアを調査/収集
- マザーボードとCPU
マザーボードとCPUをオークションでゲッツ。おそらくMacBook Proの初期型の2.0GHz/15インチモデルである。CPU(Core Duo 2.0GHz)は直づけであった。
ここで問題が2つ判明。MacBook Proはマザーボード(ロジックボードというらしい)の他に、左側の電源/USB/PC Expressカード等のコネクタとAirMacのカードがささるサブボードがあるとのこと。またCPU/ノースブリッジ/GPUを冷却するためのヒートシンクやファンの類いも必要であった。どちらもMacBook Proオリジナルなため入手は困難な模様。

解決策は、サブボードについては電源以外はあきらめることにする。電源はバッテリ供給側のソケットがあるのでこれを使用することとする。
冷却については、通常のCPUクーラーを使用するのは難しいことから(搭載用の穴がない)、冷却用のシール「まず貼る一番」なるものをCPU/ノースブリッジ/GPUに貼り、ノートPC用のクーラー(ファンがついている台)で冷やすこととする。実はMacBook ProはCPU等の熱くなるチップが基盤の裏側(下側)に配置されており、ヒートシンクが筐体の底板に接するようになっている。つまり筐体自体を放熱板に利用しているのでひざの上にのせていられないようになっている。今回はこれを逆手にとって冷やしてやろうという魂胆である。
(つづく)

| | コメント (0)

2007年1月20日 (土)

Mac再生プロジェクト立ち上げvol.0

Img_1452s
我が家にMacがきてから一年がたった。この一年Macのおかげでずいぶん楽しい思いをさせてもらった。Macのある生活...、そこにMacがあるだけで何かうれしくなってしまう。
ただこの一年ずいぶんMacを使い込んだためにハードディスクも不足がちになってきており、スーパードライブでないこともあり、いささか私のMac生活に支障がでてきている。
というわけでというか、とにもかくにも新しいMacがほしくてしょうがない。
されどさくらが咲く頃にはMac OS X 10.5 (レパード)が出るし、せっかくならbootcampでWindowのフライト系ゲームもやりたいのだが、今のラインナップではかなり高額なモデルしか選択肢がない。
高い買い物になるのでせめてレパードまでまってから考えよう。
と思っていたら、ヤフオクでMacBook Proのマザーボードが安く手に入ったので、中古部品等を集めてMacを再生することとした。
名付けて、「Mac再生プロジェクト」
計画はきわめて流動的だがまずは以下とする。

[目的]
Intel Mac(MacBook Proマザーボード使用)を再生する。
[予算]
ディスプレイをのぞいて、70k以内。ただし研究費は別(意外とこれがかかったりするが)。
[計画]
1.必要なハードウェアを調査/収集
- マザーボード
- CPU
- HDD
- DVDドライブ
- メモリ
- キーボード
- マウス
- 電源
- ケース
2.必要なソフトウェアを調査/収集
- Mac OS X
- ilife
3. 組み立て

マザーボードが生きているかも未確認なのでできるかどうかは不明だが、これをはじめの一歩としよう。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »